ホーム商品一覧仏間シャッター

仏間シャッター

仏間シャッター

アルミ製のため、 高い機能性と安定した強度を実現しました
品名 長さ×開き(mm) 許容荷重 明細
900 900×650 10kg 2本1組
1050 1050×650 10kg 2本1組
1200 1200×650 10kg 2本1組
1350 1350×720 10kg 2本1組
1500 1500×720 10kg 2本1組
1500 1500×900 10kg 2本1組
品名 入数 参考価格 商品コード
900 10組入 ¥14.000 00004
1200 10組入 ¥14.700 00005
1350 10組入 ¥15.400 00006
1500 10組入 ¥16.000 00007
1500 10組入 ¥17.000 00008
900 10組入 ¥22.000 00009

※ 取付木ネジ ユニクロ丸頭木ネジ 3.8mm×25mm 1袋16本付

取付図

  • 図面1
  • 図面1
  • 図面1
  • 図面1

仏間として使用の場合

仏間内に仏間が収納されており、仏壇使用後には仏壇が見えない様に仏間シャッターを使い、扉(観音開き)フスマ戸を閉めます。仏間の奥に柱(角材)を立て、そこにアルミ製仏間シャッターを取り付け固定してWステー方式(ジャバラ)で親板+フスマ戸を取り付け、引き出して仏間の観音開き戸(フスマ戸)を開閉いたします。
以前の鉄製品より、アルミ製シャッター使いより軽くし、Wステー方式で開閉幅も広くしスムーズな動きになりました。

取付施工方法

表具屋さん、建具屋さん、大工さんなどの本職の方が施工されています。
注意点としましては、一番奥に仏間シャッターを取り付けて、観音開き(両開き)の襖を引き出して高さを左右同じに仕上げます。

寸法の選び方

1
開口高さ寸法より、1尺(300mm)ほど差し引いた現品をお選びください。
例)開口高さ寸法1800mmの場合は、1500を使います。
2
開口間口寸法をはかり、観音開き仕様ですので1/2の寸法となります。
例)開口間口幅1200mmは、1/2で600mmとなり観音開き戸1枚分の寸法となります。
3
奥行き寸法は、観音開き戸1枚分と親板(水板・導板)と仏間シャッター本体(幅50mm)を、直接柱に取り付ける場合と別に角材(40mm〜50mm × 総高さ)に取り付ける場合とあります。 親板は約厚み30mm × 幅90mmほどの材料をご準備ください。
角材を使用の場合は、40mm〜50mm角 × 総高さの材料をご準備ください。
3
収納方法につきまして、仏間シャッターはWステー方式のため、呼び900、1050、1200は開き巾が650mmの伸縮となります。
3
開口幅の1/2寸法で、伸縮開き製品650mm、720mm、900mmまでの中からお選びください。